<   2013年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

信念

『世の為、人の為になり、ひいては自分の為になることをやったら、必ず成就する。』
大正6年、電球のソケットを作る小さな町工場から、世界屈指の松下電器を作り上げた「経営の神様」の松下幸之助さん、、、この方の経営には何かしらの成功の秘訣があったような気がします。
それは、異業種の歯科界においても、、、。
(歯科は、医療なんで成功という言葉がふさわしいかどうかは微妙ですが、、、ただ医院の売り上げが上がれば、スタッフへも還元できます、新しい機材も買えます、いい材料を惜しみなく使えます、院内を快適にいつでも清掃・改装できます、スタッフが沢山雇えますのでいろいろな医療サービスが提供できます、、、等々)
やはり、ある程度の売り上げはあげておかないといけないでしょう。

歯科医がワーキングプアーと言われて久しいです。
デンタルショーなどの展示会に行っても、最先端の自費用の高い器械をメーカーの方は我々に勧めてこられます。
「売り上げ単価の高い自費を出さないとダメですよ〜〜。」
果たしてそうなんでしょうか??
我々の仕事は、地域の患者さんのお口の中の健康を保ち、おいしい食事をしてもらい、、しいてはそれが全身の健康と人生の幸せになる、、、すごく公益性のある責任のあるやりがいのあるお仕事だと思います。
であれば、保険診療でも自費診療でも、その患者さんにあった医療を提供してあげるのが一番なんではないでしょうか?
松下幸之助さんの言葉、、『世の為、人の為になり、ひいては自分の為になることをやったら、必ず成就する。』ほんとこれは僕らの業界でも言えることと思います。

当院も祖父の後を継いで10数年、、スタッフも23人ほどになり、そんな医院をやりくりしていき、地域の方々のお口の健康を守るために、院長として、また講習会の講師として重責を感じる今日この頃であります。
『事業は人なり』、、常に従業員と顧客のことを考え、物作りに励みそして商売をした幸之助さんは、自分の信念を生涯曲げないことで私達に成功の秘訣を示してくれたように思います。
少しでも、近づけるよう今日も頑張りたいと思います〜!!

今日のBGMはAC/DCの『BLACK ICE』です。
1973年にシドニーにてデビューしてから、ブルースを基調とした骨太でソリッドなロックンロールを演奏!他のバンドが時代の音楽の流れに合わせて、音楽性を変えていっても、AC/DCは信念を曲げず貫いてきました。その結果今回の16枚目のアルバムも内容も最高だけでなく、世界29カ国にて1位!!2008年度の世界の年間アルバムの売り上げ2位と勢いは止まりません!!
ハードロックバンドにしては珍しく、タイトでスローなテンポの曲が多いのですが、、めっちゃのれるんですよね〜!たまりません。
2010年の来日も大阪京セラドームに見に行きました!!最高!!
やはり1本筋がビシ〜〜っと通ってるバンドは違いますね。
音楽界の松下幸之助さんなんでしょうか?(笑)
ギターのアンガスヤングももう58歳、、頭も薄くなり、昔ほどヘッドバンキングできませんが、、かっこいいです。
これからも信念を貫いて、いい音楽を提供していただき、僕達をしびれさせていただきたいです。

信念、、、、ブレないように僕も頑張ります〜!!

f0136901_1002110.jpgf0136901_1001114.jpg
[PR]
by katsukatsu0219 | 2013-04-16 09:28 | Comments(0)

4月と言えば、、、。

遂に4月です。
桜も満開になり、暖かくなってくると、、かわいいピカピカの1年生の子供達が現れて、なんだか微笑ましくなります。
夜の居酒屋さんでも、歓送迎会の嵐ですね〜!大変盛り上がっております。

というわけで、うちの医院でもこの春に、新入社員2名(ようこそ〜!)と寿退職者1名と産休突入者1名ということになりました。

受付の森本さんは、今回ご結婚が決まり兵庫県の方に引っ越しということで、通勤困難のため残念ながら退職となりました。医院お顔としての受付業は大変重要なお仕事であります。ほんと今までお疲れ様でした、ありがとうね。そしておめでとうございます〜〜!お幸せに〜!!
あと、産休に突入の原口さん、、、産休2回目です(笑)ほんとうにおめでとう〜!チーフ衛生士として、働くお母さんは大きいお腹で今回も出産ギリギリまで頑張ってくれました。担当の患者さんからも「1年後の復帰待ってるよ〜〜!!」と沢山の暖かいお声をいただきまして、本人も大変喜んでましたし、僕らもうれしいです!また来年待ってるよ〜〜!元気な赤ちゃん生んで、また元気に戻ってきて下さい。

ニューフェイスのお二人は、現在がっつり研修中です。異業種出身なんで、また違う視点でいろいろ仕事内容を見てくれると思います、、ほんと楽しみです。

いかに新人を育てていくか?
経営者として一番気を使う所ですよね〜。
当院では、毎朝朝礼の際に『昨日の良かったこと』ということで、昨日の出来事で、よかった〜と思うことを発表します。それは院内のスタッフを褒めたり、通勤途中でみつけたいい事など、何でもいいんです、、とにかく良かった〜と思うことをみんなに伝えます。何気ないことですが、その一言でなぜか気持ちが『快』になるんですよね!ほんと頑張るぞ〜〜という気分になります。

ほんと褒める言葉は大切だと思います。
天声人語に載ってましたが、新聞紙上のたった2行のほめ言葉が、無名だった画家を励まして押しも押されぬ存在に導いた話があるそうです。
シルクロードの絵で有名な故平山郁夫さんは20代の終わりに体調の悪化をおして、日本美術院展に出品したそうです。数日して、名高い評論家の院展評が新聞に載るのですが、記事の末尾で「おもしろい味がある」とだけ褒めてあったそうです。この記事を見て平山さんは歓喜して、何度も読み返しては励みに描き続けたそうです。「ボクシングでいえば、ダウン寸前に救われた。」そんな気持ちだったそうです。
たった一言がその人の人生を左右する、、、、ほんと言葉には気をつけながらも褒めることは大事なんだと思います。
人間の脳は褒められることを報酬と感じるそうです
「三つ叱って五つほめ七つ教えて子は育つ」と言います。
褒め上手になりつつ、叱り上手にならないといけません。

さ〜〜僕達も、他の先輩のスタッフ達とともに新人のスタッフ達をいい方向に導いていってあげればと思います。
志波さん、熊田さん、一緒に成長しながら頑張りましょうね〜〜!!

f0136901_1001425.jpgf0136901_9595433.jpg
[PR]
by katsukatsu0219 | 2013-04-09 09:50 | Comments(0)